Google スプレッドシート入門

3日目  Google スプレッドシートの関数

IMPORTRANGE 関数

参考ページ IMPORTRANGE


指定したスプレッドシートからセルの範囲をインポートします。

使用例

IMPORTRANGE("abcd123abcd123", "sheet1!A1:C10")
IMPORTRANGE(A2,B2)

構文

IMPORTRANGE(スプレッドシートキー, 範囲の文字列)
  • スプレッドシートキー - URL の「key=」属性に含まれる長い文字列です。新しい Google スプレッドシートでは URL 全体を指定します。
  • スプレッドシートキーの値は二重引用符で囲むか、適切なテキストを含むセルへの参照にする必要があります。
  • 範囲の文字列 - インポートの範囲を指定する文字列で、"[シート名!]範囲" の形式で指定します
    (例: "Sheet1!A2:B6"、"A2:B6")。
  • 範囲の文字列の [シート名!] の要素は省略可能です。デフォルトでは、IMPORTRANGE 関数は最初のシートの指定範囲からインポートします。
  • 範囲の文字列の値は二重引用符で囲むか、適切なテキストを含むセルへの参照にする必要があります。

メモ

  • 各スプレッドシートでサポートされる IMPORTRANGE 関数の呼び出し回数は 50 回までです。
    Google スプレッドシートの新バージョンにはこの制限はありません。
  • Google スプレッドシートの新バージョンでは、IMPORTRANGE 関数を使用して初めてスプレッドシート A からスプレッドシート B にデータをインポートしようとすると、スプレッドシート B に当該データへのアクセスを許可するよう求められます。
    アクセスを許可すると、スプレッドシート B の閲覧権限や編集権限があるすべてのユーザーが IMPORTRANGE 関数で参照されているデータにアクセスできるようになります。

関連項目

IMPORTXML: XML、HTML、CSV、TSV、RSS フィード、Atom XML フィードなど、さまざまな種類の構造化データからデータをインポートします。

IMPORTHTML: HTML ページ内の表やリストからデータをインポートします。

IMPORTFEED: RSS フィードや Atom フィードをインポートします。

IMPORTDATA: 指定した URL のデータを、.csv(カンマ区切り値)形式または .tsv(タブ区切り値)形式でインポートします。

サンプル







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-19 (月) 08:09:57 (1947d)