Google スプレッドシート入門

3日目  Google スプレッドシートの関数

UNIQUE 関数

参考ページ UNIQUE


重複する行を破棄して、指定したソース範囲内の一意の行を返します。行はソース範囲内の先頭から順に返されます。

使用例

UNIQUE(A2:B26)
UNIQUE({1, 2; 3, 4; 5, 6})

構文

UNIQUE(範囲)
  • 範囲 - 一意の要素でフィルタ処理するデータです。

メモ

  • 行が重複して返される場合は、テキストを含むセルに末尾のスペースなどの隠しテキストが含まれていないことを確認してください。
    → 文字列の前後にスペースがついている可能性がある場合は、TRIM 関数を使って、スペースを除去しておきましょう。
  • 数値が同じ形式になっていることを確認してください(百分率は百分率、通貨の値は通貨の値で指定します)。

関連項目

TRIM: 指定した文字列内の先頭と末尾のスペースを削除します。

サンプル

gss_function_unique.png

  1. A列に「1, 2, 2, 3, 3, 3, 4, 4, 4, 4」の10個のデータを入力してみます。
     2と3と4が、重複したデータになっています。
  2. B1セルに「=unique(A:A)」という式を入力してみます。
     「A:A」という範囲は、A列全体を表しています。
  3. すると、B列に、A列のデータから重複している値を除去したデータが表示されます。

このように、UNIQUE関数によって、重複した値を取り除いて、同じ値は1個だけに絞り込んだデータを取得できます。







添付ファイル: filegss_function_unique.png 350件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-18 (日) 09:55:15 (2004d)