Google スプレッドシート入門

3日目  Google スプレッドシートの関数

TRIM 関数

参考ページ TRIM


指定した文字列内の先頭と末尾のスペースを削除します。

使用例

TRIM(" ダミー テキスト")
TRIM(A2)

構文

TRIM(テキスト)
  • テキスト - スペースを削除する文字列または文字列を含むセルへの参照です。

メモ

  • Google スプレッドシートでは、テキストの入力値はデフォルトでセルに合わせて切り取られます。
  • テキストの前後にあるスペースは重要な意味を持つため、テキストを数式やデータ検証で用いる場合は TRIM 関数を使用します。

関連項目

SUBSTITUTE: 文字列内の既存のテキストを新しいテキストに置き換えます。

REPLACE: テキスト文字列の一部を別のテキスト文字列に置き換えます。

サンプル



gss_function_trim.png

  1. A列に加工前のサンプルデータを入れてみます。
     A1セル → 「 前後に半角スペース 」
     A2セル → 「 前に半角スペース」
     A3セル → 「後に半角スペース 」
     A4セル → 「 前後に全角スペース 」
     A5セル → 「 前に全角スペース」
     A6セル → 「後に全角スペース 」
     という文字列を入れます。(文字列の前後に半角スペースや全角スペースを付けてみます。)
  2. B列に加工後のデータを表示させてみます。
     B1セル → 「=trim(A1)」
     B2セル → 「=trim(A2)」
     B3セル → 「=trim(A3)」
     B4セル → 「=trim(A4)」
     B5セル → 「=trim(A5)」
     B6セル → 「=trim(A6)」
     という式を入れます。
  3. すると、半角スペースは除去されていることがわかります。
    全角スペースは除去されません。
    確認しづらい場合は、B列をコピーして、C列に「特殊貼り付け」→「値のみ貼り付ける」を行うと、C列にて加工後の結果を確認しやすくなるかと思います。

このように、TRIM関数によって、文字列の前後についている半角スペースを取り除いて、文字列を抽出した値を取得できます。
値の比較などで、余計な半角スペースが残っている場合に、TRIM関数で除去します。







添付ファイル: filegss_function_trim.png 268件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-05-19 (月) 01:29:33 (2004d)