Google Apps Script 入門

1日目  サンプルスクリプトを試してみる

Google Apps Script のサンプルスクリプトを動かしてみましょう。

スクリプトとは?

スクリプト言語 - Wikipedia

スクリプト言語(スクリプトげんご、英語: scripting language)とは、アプリケーションソフトウェアの動作内容を、台本(英: script)のように記述し制御するための、簡易的なプログラミング言語である。

  • スクリプトは、簡単なプログラミング言語のことです。
  • スクリプトは、コンパイル(機械語への変換)が不要で、すぐに実行できるので、手軽に使えるのが特徴です。
  • Google Apps Script(JavaScriptにGoogle独自の機能を追加したスクリプト言語)も、手軽に使えて便利です。

入力支援機能

Google Apps Script のスクリプトエディターには、入力支援機能が付いています。
=プログラムのコードを途中まで入力すると、入力候補が表示されて、スペルミスを防ぐことができます。

大文字と小文字の区別

Google Apps Script と JavaScriptでは、英字の大文字と小文字は別のものとして、区別されるので、入力ミスに気をつけましょう。

Browser (先頭が大文字のB)

browser (先頭が小文字のb)

は、別の単語として区別されます。

サンプルコード

以下は、プログラミング学習でお決まりの、「Hello, world!」を表示させるプログラムです。

function myFunction() {
  Browser.msgbox("Hello, world!");
}

1. スクリプトエディターの起動

(参考) スクリプトエディタの起動

  • 「空のプロジェクト」を選択します。
    index.php?plugin=ref&page=gas_script_editor&src=gas_script_editor_2.png

2. 「Browser」と入力

  • 「Browser」と入力します。
  • 続けて「.」(ドット)を入力します。
  • 「.」(ドット)を入力した時点で、入力候補が表示されます。
  • もしも、入力候補の一覧が消えてしまった場合は、「.」(ドット)をいったん消して、もう一度「.」(ドット)を入力したら、入力候補が表示されます。

gas_sample_script_1.png

3. 入力候補を選択

  • [↓]キー(下向きの矢印キー)を押して、上から5番目の候補「msgBox(String prompt)」を選択します。
  • [Enter]キーを押します。

gas_sample_script_2.png

4. 「msgBox」が入力

  • 入力候補の中から「msgBox」が入力されました。
  • 「msgBox」の後ろに続くカッコ内で、「prompt」の部分が選択されて、反転表示になっています。(=色が付いた状態)

gas_sample_script_3.png

5. 「Hello, world!」と入力

  • 「prompt」の部分に、「"Hello, world!"」と入力します。

gas_sample_script_4.png

6. 行末に「;」(セミコロン)を入力

  • 文の行末に「;」(セミロコン)を入力します。
  • 行末にセミコロンがなくても動作はしますが、大きいプログラムを書くときは、思わぬエラーの原因になったりもするので、一文(命令行)の終わりを示す「;」は必ず書くように習慣付けましょう。(オススメ)

gas_sample_script_5.png

7. プロジェクトを保存

  • [保存]ボタンをクリックします。
  • スプレッドシートのワークシートの内容は自動的に保存されますが、スクリプトエディターの内容は自動的に保存されないので、[保存]ボタンを忘れずに押します。(注意!)

gas_sample_script_6.png

8. プロジェクト名を変更

  • プロジェクト名の入力画面が表示されます。
    gas_sample_script_7.png

  • プロジェクト名に「Hello」と入力して、[OK]ボタンをクリックします。
    gas_sample_script_8.png

  • すると、プロジェクト名が「Hello」に変わって、保存されます。
    gas_sample_script_9.png

9. スクリプトの実行

それでは、さっそく作成したスクリプトを実行してみましょう。

  • [実行]ボタンをクリックします。
    gas_sample_script_10.png

  • 「承認が必要です」という画面が表示されたら、[続行]ボタンをクリックします。
    gas_sample_script_11.png

  • 「このアプリが次の許可をリクエストしています」という画面が表示されたら、[承認する]ボタンをクリックします。
    gas_sample_script_12.png

10. 実行の結果を確認

  • サンプルスクリプトが実行されると、ワークシートに結果が反映されます。
  • 表示画面をスクリプトエディターから、ワークシートに切り替えて、実行結果を確認してみます。
  • 「Hello, world!」というメッセージボックスが表示されていたら、実験成功です!

gas_sample_script_13.png

まとめ

Google Apps Script の作成と実行は、以下のような流れです。

  1. スクリプトエディターで、スクリプト(プログラムのコード)を書きます。
  2. プロジェクト(プログラムの一まとまり)を保存します。
  3. 実行ボタンをクリックします。
  4. 実行結果が、ワークシートの画面に反映されます。

それでは次に、もう少し実用的な機能を作ってみましょう!







トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-12 (土) 19:30:44 (1949d)